日本のことがお気に召しますように Hope you find Japan to your taste.

怨霊信仰〜概要

 

太宰府天満宮

 

日本には、古来より怨霊(おんりょう)を恐れ、怨霊の仕業と信じる風習があります。

 

現に存在するからではなく、存在すると信じるから生ずる一種の信仰です。

 

怨霊を鎮魂すると御霊(ごりょう)となります。災いを福と為すということです。恐れるものを鎮めて、平穏あるいは繁栄を実現しようとする信仰です。

 

怨霊信仰という言い方をしてますが、神道も仏教も怨霊を鎮魂する手段にするくらい、古来、古代から存在する宗教感です。

 

災難などによる非業(ひごう)の死や、恨みを抱いて死んだ人の怨霊が一番怖いと信じています。

 

怨霊とそれによる祟り(たたり)の伝説は、日本の各地で伝えられています。

 

現に、怨霊の祟りが原因かどうかというより、怨霊を信じて恐れていたために、怨霊という原因と祟りという結果を結びつけてきた歴史があるのです。

 

菅原道真、崇徳院(すとくいん)、平将門(たいらのまさかど)、早良親王(さわらしんのう)などは、祟り神として祀られ、御霊とされています。

 

ちなみに、日本では、狐(きつね)や猫などの動物も、人を祟る能力があるとされています。

 

怨霊の仕業と信じて人や動物を鎮魂して祀る神社や寺、あるいは、怨霊による祟りは未だないが、あるかもしれないからと恐れて祀る神社や寺はたくさん存在するのです。

 

怨霊を封じるというより、怨霊鎮魂という意味合いが強いと思います。


菅原道真

菅原道真という人は、福岡県の大宰府天満宮で天才学者として祀られ、藁をもすがる受験生に人気があります。

 

菅原道真が左遷された後、疫病、日照り、落雷などの天災を、道真の祟りのせいと思った左大臣藤原時平は、道真を右大臣に戻し、天神様にしたのです。

 

天神というのは、雷神に対する信仰であり、天神信仰と呼ばれるものがあります。

 

怨霊による天災に怖れ、特に、平安朝における天皇の日常の建物の一つである清涼殿への落雷をきっかけに、雷神と道真が結びつくことになったのです。以後、天神様といえば、ほとんど菅原道真のことを言います。

 

天神様つまり、菅原道真を祀る神社は、太宰府天満宮、北野天満宮、防府天満宮、大阪天満宮などの天満宮のほか、天満神社、北野神社、菅原神社、天神社など全国に多く存在してます。

 

菅原道真に対し、死後、官位や褒章を与えるというのは、双方とも意味ある行為になると現代の日本人でも思っているようです。

藤原一族や天皇家の変死と病死

藤原氏は、長屋王の変(ながやおうのへん)で長屋王を自刃させ、藤原四兄弟(ふじわらよんきょうだい)による政権(武智麻呂、房前、宇合、麻呂)を樹立します。

 

しかし、当時流行していた天然痘により天平9年(737年)に、4人とも死没してしまうのです。

 

これは王を自殺に追い込んだ罰ではないかと、藤原氏も周囲の人間も信じたのです。

 

伝染病という科学的に証明できるものが、怨霊という超自然的なものに起因するという認識があったのです。

 

言霊、穢れなどに加え、怨霊という非科学的、超自然的なものを信じることも、日本を特徴づける要素なのです。

 

とはいえ、特に6世紀に伝来された仏教による怨霊鎮魂などは、当時は、科学的で、ハイテクな方法だと信じられていたようです。

 

当然、現代の目で見てはいけないのです。

六歌仙

古今和歌集の仮名序には、小野小町や在原業平などの当時の美男美女が、揃いも揃って六歌仙(ろっかせん:六人の有名な歌人、三十六歌仙)ということになっています。

 

いつからか美男と言われていた在原業平、美女と伝えられていた小野小町

 

これは、美男美女であった、しかも、歌仙だったことにすることで、怨霊鎮魂をするという臭いがします。

 

死後、律令制度における位を挙げたり、美男美女とするのは、何か理由があったと考えられます。

 

罪なき死、咎(とが)なき死を遂げたかもしれないということなのです。

いろは歌は語る? 〜 猿丸太夫(柿本サル、柿本人麻呂)も罪なき死?

猿丸太夫(さるまるのたいふ、さるまるだゆう)というのは、三十六歌仙の一人です。

 

古今和歌集の仮名序にて、柿本人麻呂は、山部赤人とともに「歌聖(かせい)」として特別扱いされています。

 

猿丸太夫=柿本人麻呂という説があり、また、持統天皇や藤原不比等からの粛清による水死刑という説がありますが、はっきりしていません。

 

個人的に興味あるのは、いろは歌の暗号説です。

 

いろはにほへと ちりぬるを
わかよたれそ つねならむ
うゐのおくやま けふこえて
あさきゆめみし ゑひもせす

 

色はにほへど 散りぬるを
我が世たれぞ 常ならむ
有為の奥山  今日越えて
浅き夢見じ  酔ひもせず

 

これを、七五調ではなく、7文字ごとに区切った場合、最後の文字だけ、くっつけて読むと、「とかなくてしす(咎なくて死す)」となり、無念の死を遂げた遺恨の歌だとする説です。

 

いろはにほへ
ちりぬるをわ
よたれそつね
らむうゐのお
やまけふこえ
あさきゆめみ
ゑひもせ

 

注目する点は、咎められるような罪も無く恨みを持って死んだいう、怨霊となる要素を含んでいることと、この作者が、柿本人麻呂かもしれないということです。

 

歌聖という最高の歌人と持ち上げることで怨霊の鎮魂の意味合いがあるのだと仮定したい思いです。

 

咎なくして水死刑で非業の死を遂げたのかどうかは知りませんが、追い詰められていた時に、いろは歌に遺恨の歌を込めておいたということが現実味を帯びるようで、非常に興味深い伝説に感じます。

巨大な建築物だった出雲大社

出雲大社

 

記紀(古事記や日本書紀)によると、大国主神(おおくにぬしのかみ)の国譲りというものがあります。

 

素戔嗚尊(スサノオノミコト)を祖先とする大国主命(オオクニヌシノミコト)は地上の神、そして、天照大神(アマテラスオオミカミ)は天を治める神という構図があり、これは、以前の征服者がオオクニヌシで、新しい征服者がアマテラスであるという構図です。

 

そして、敗者イズモと勝者ヤマトという構図でもあると言われています。

 

大きな宮殿を建ててもらうことを条件に国譲りする形になっていますが、実際は、征服者ヤマト政権が怨霊を恐れるために建てたのではないかとも言えます。

 

出雲にある出雲大社が、奈良の大仏や御所よりも巨大であったことが不思議であると、昔から言われています。

 

激しい戦いはなく、争いなく国譲りがなされた形となったのは、正しいかもしれません。

 

近代においての江戸城無血開城も、形としては、争いなく革命が起きたことになります。

 

「ヤマトに敗れたイズモ」ということで、ヤマト政権が怨霊を怖れて、巨大な建築物を建てたという理由は、世界では思いつかない理屈だと思います。

 

怨霊を恐れる日本の勝者の心理が分からなければ、説明つかないとも言えます。

 

話し合い絶対主義、あるいは、和の精神に基づいた国譲りどころではなかったような気がします。


金閣寺と中尊寺金色堂

室町幕府の将軍、足利義満(あしかがよしみつ)が創建した金閣寺の周りの他の建物は、義満の死後、全て義満の息子に取り壊されたのに、金閣寺だけは残ったという疑問があります。

 

残す理由は、壊してはいけない理由があり、残すことで怨霊を鎮魂する事になる何かがあると思われます。

 

金閣寺は、1階は、通常貴族や天皇が住むような平安時代の寝殿造りで、2階は武家造り、3階は中国風という不思議な3層構造です。

 

仏像などよりも構造や絢爛な金箔に目を奪われます。

 

寺というより、何か特別な思い入れのある建物であるような印象を受けます。

 

ちなみに、足利義満の最後は病に倒れたことなっていますが、生前、皇位簒奪する意図があったと言われ、暗殺されたとみる説があるのです。

 

 

また、中尊寺金色堂についてですが、源氏が奥州藤原氏を滅亡した後、なぜ金色堂(こんじきどう)を残す必要があったのでしょうか?

 

取り壊すなり金を溶かして持ち帰るなりせずに。

 

これにも、怨霊を鎮魂するために残したなど、取り壊せない理由があったように思えます。

義経伝説と判官贔屓

鎌倉幕府を開いた源頼朝(みなもとのよりとも)の弟、源義経(みなもとのよしつね)は、殺されずに、大陸に渡ったという伝説にこだわる方がいます。

 

これは、「死ななかったことにする」ことによる鎮魂と、判官贔屓(ほうがんびいき)の意味合いが強いです。

 

判官というのは、律令制度(りつりょうせいど)上の源源義経の冠位であり、検非違使(けびいし)の別称です。

 

今日では、立場の弱いものを応援したくなる心情といった意味合いで使われます。

 

立場の強い源頼朝から見て、立場の弱い弟である源義経だったのです。

 

義経伝説というのは、当時のアイドル的存在だった義経が、兄頼頼に討たれたことになっていますが、義経は生きていたというものです。

 

生きていたとする伝説を作ることで、怨霊鎮魂をすることになるからです。

 

この方法は菅原道真などと違い、アイドル的な広く大衆に愛された義経だからでしょうか?

 

どちらも怨霊鎮魂という同じ理由の臭いがします。

 

 

怨霊を発生させない鉄則は、

 

・殺さないこと。
・特に罪なくして憤死した場合は鎮魂すること。

 

以上の鉄則からしても、義経は死ななかったことにしたい、特に東北の方の思いは強いようです。

 

判官贔屓は、弱いものにも勝たせたい、花を持たせたいというバランス感覚であり、一種の優しさだとは思います。

 

義経伝説は、この判官贔屓に加え、怨霊信仰の要素が加わっていると思います。

源氏物語

何故、当時の実質権力者の藤原家が、政敵の源氏が帝になってしまう源氏物語に目をつぶって、編集を許したのでしょうか?

 

現実は、物語とは反対で、現実の世界には藤原家がいて、物語の世界というこの世でない世界で、源氏を活躍させることによる一種の鎮魂でしょう。

 

本人が生きていても、本という現実ではありえない世界で活躍させるという方法で、ガス抜きをさせ、怒りを抑え、死後も怨霊を封じ込める効果を期待したものと思われます。

白装束は武士の決死の装束、でも相手の怨霊は怖かった!

武士は戦場に出る時は、鎧の下は白装束(しろしょうぞく)を身に着けます。

 

白は決死の覚悟で戦いに望む意味です。

 

柔道着の白色は意味があって、この白装束の意味だったのです。

 

1980年代後半より、カラー柔道着のことで、日本の柔道連盟は国際柔道連盟にずいぶん抵抗しましたが、抵抗する理由の一つにこんな理由があったのです。

 

 

戦(いくさ)では、首を取ったり、命を取るのが目的と言われますが、実際には、殺さずに人質として捕らえる場合が多かったようです。

 

理由のひとつは、人質にすれば身代金がもらえるため。

 

もうひとつは、殺してしまうと怨念を持たれるから、祟るからなのです。

 

さらにいえば、殺さずに駒として活かす、つまり、以後味方として働かせるなどの理由があります。

 

 

戦場でさえもそんなことを考えて、殺さないというのは、意外なような気もしますが、よく考えると、やはり日本人のやりそうなことです。

 

怨霊というものが、実際に“ある・ない”ではなく、怨霊を生むと“信じられていた”ことは間違いないようです。

 

仇討ちのために、つけ回されたりするという理由もあったとか。

 

やはり日本史のキーワードの一つでもある怨霊や、怨念というものが、戦場の生け捕りの心理にも生きてます。

 

戦う目的が、相手を滅ぼして自分達の華やかな世を作るということよりも、人々が争うというケガレ状態を解消させるために戦う、そのためには、白装束で死ぬ覚悟で貢献するという姿にも見えてきます。

 

お気に入りジャパン:怨霊信仰 - その1関連ページ

言霊
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
穢れ
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
怨霊信仰 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
邪馬台国
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本人っぽさ
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本人の宗教観
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
武士道 - その2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他1
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他2
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他3
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。
日本辞典 - その他4
日本の特徴や、日本に対する世界からの評価を考察しながら、日本を語る上でキーワードとなる言葉を説明し、、管理人から見た大好きな日本の思いを述べます。

 
HOME COOL JAPAN 日本事典 日本大好き外国人 海外で有名な日本人 日本の貢献 サイトマップ